転職準備 -勝ち組☆になるための方法-

スムーズな転職のために・・・ 退職活動

転職という再出発をするにあたって、 現在の職場を円満に退職することは、その後のトラブル防止にもなるので転職を決めたらすぐにでも動き始めたほうがいいでしょう。


退職を申し出るタイミングは、退職予定日より2から3か月前が理想的です。
その理由としては、業務の引き継ぎ会社側が後任を決める期間も考えて、最低でも2か月前に退職願を出すことが円満退職の第一歩です。


また、退職時期も検討することも必要です。
たずさわっているプロジェクトの終了まで。や、繁忙期が終わってから。という具合に、
自己都合だけでなく、会社側の都合も加味して退職時期を決めることも必要です。


プロジェクトに支障が出るようなタイミングや、繁忙期に退職をすることは、
トラブルの原因にもなりますし、お世話になった会社に対してもよくありませんし、
自分にとっても不利な状況になりえます。


転職先が、退職前に決まてしまっていても、
転職先の会社にその旨を話しておけば、入社時期も配慮してくれるはずです。


会社としても、手がけた仕事を投げ出したりすることは、貢献度がないと思われ転職にも不利です。
仕事の内容や会社・部署の状況を配慮して退職スケジュールをたてることが大切です。


退職時の注意点


退職の意向を伝えるときにも注意点がいくつかあります。

まずは、直属の上司にいつごろ退職したい。ということを伝えておきます。
承諾をもらったその上で、有給休暇の残日数や業務の引き継ぎ期間や、残務整理などを考慮して退職の日にちを決めます。


その後、書面で退職願を提出しましょう。
提出した日にちを記入して提出することで、いつ申し出たかが記録としてのこるので必ず記入しましょう。
口頭だけでは、後々トラブルの元になるかもしれません。
キチンと書面で提出しておくことは必要です。


会社の就業規則も確認しましょう。
民法では、退職日の2週間前までに申し出ればよい。とされていますが、
会社によって退職の手続きや条件がことなり、1か月もしくは2か月と決まっていることがあります。
就業規則を確認する際、退職の条件以外に「ライバル会社への転職の禁止」という職務規定がある会社もあります。
特にIT関係は、多いかもしれません・・・


退職願を受理されてから、、会社から秘密保持規約という誓約書の提出を求められることもあります。
業務上知りえた情報などを社外に漏らさないという規約です。
本来は在籍している期間中に違反したら懲戒処分というものですが、
退職後にも、会社から秘密保持を求められるケースも多いようです。
例えば、退職後一定期間はライバル会社での勤務を禁じたり・・・と。
しかし、退職者の職業の自由が奪われるという観点から、必要以上厳しい制限はないようです。


退職願を提出したら、
自分の担当していた仕事を後任者に引き継ぎをしたり、取引先などのあいさつ回り、
私用のパソコンなどにはいっている会社の情報を削除するなど残務整理を行います。


また、退職にかかわる書類(雇用保険や健康保険・厚生年金など)の作成・提出、
社員証や健康保険証、会社から貸与されているものの返還手続きを退職日の10日前までには済ませておきましょう。


最低限、ここまでのことをしておかないと、トラブルになることもあるので、
気持ちよく転職するためにも、退職活動もしっかりやっておくことが必要不可欠です☆


関連記事

転職への不安

転職サービスサイト比較


←前の記事ITエンジニアは面接が苦手?? 面接対策法




>>【ITエンジニア求人・転職ガイド】エンジニア求人の上手な探し方は? TOPへ戻る