ITエンジニア転職 基礎知識

転職したい理由とは?

どんな職種でもそうですが、転職を考えるのはそれなりの理由があります。


給与や勤務時間など待遇・人間関係・仕事に対する努力や実績を正当に評価されていない・残業が多いなど、
人それぞれですが、少なからず不満があるでしょう。
我慢できることなら、長く働き続けたい。とだれしも思います。
なんとなく時間まで働いて、給料が貰えればいい。という考えの人は転職することはないでしょう。


転職を考える人は、自分のやりたいことや目標・やりがい・スキルアップを求めて転職するのです。


パワハラやセクハラなど人間関係に問題があった場合にも、転職という選択があります。
転職することで、自分の本来のちからが発揮できる可能性もありますし、同じ職種でも会社が違えばキャリアアップのチャンスもあるかもしれません。


ITエンジニアの転職理由で多いものは、
*今の会社ではスキルアップが図れない
*このまま、今の会社にいてもキャリアアップできない
*現在の仕事内容が自分に合わない
*収入アップを図りたい
*会社の将来が不安
などです。


では、転職先を選んだ理由は何でしょう??

*仕事の面白さ・やりがいがありそう
*年収のアップ↑↑
*企業理念やビジョン・経営目標が明快で将来性がある
などです。


エンジニアをいう職種は一種の職人のようなもの
会社の将来性や成長性はもちろん、自分が持っている知識・技術が思う存分に発揮できるのか
思うような開発環境を得られるかという、仕事のやりがいを一番に求めています。


どんな職業でも、自分の好きな仕事・やりたい仕事をしたい!と思っていても、思うように意見が通らないものです。
エンジニアを一言でいっても、いろんな職種に分かれ習得している技術(言語)によっても向き・不向き、得意・不得意の仕事があります。
そんな状況を打開するために、転職する人が多いのです!



関連記事

転職への不安

ITエンジニアの理想の職場とは?

エンジニア 定年35歳説!?

会社の求めている人材とは??


←前の記事IT関連求人が多い理由


次の記事転職への不安へ→




>>【ITエンジニア求人・転職ガイド】エンジニア求人の上手な探し方は? TOPへ戻る