ITエンジニア転職 基礎知識

エンジニア 定年35歳説!?

システムエンジニア(SE)・プログラマの定年は35歳という言葉は、業界の人であれは聞いたことがあるでしょう。


35歳で定年!?なんて他の業種では考えられません。
働き盛りの1番いい時です!
なぜ、SEは35歳が定年と言われてしまうのでしょう・・・??


それには理由があります。


常に最新の情報を取り入れて、スキルアップすることを求められるSE。
人間の脳は35歳を過ぎると残念ながら衰え始め、新しいことを吸収することが苦手になっていってしまいます。
IT業界は情報の変化が激しく、常に新しい情報を持っていないいけません。


また、35歳となると、入社してから10年ほど経ちそれなりに給料の単価も上がっています。
若いSEと同じ仕事をしているだけでなく、チームのリーダーを任され進捗管理などマネージャー的業務が増えてきます。


会社的には単価の高い35歳にPMや営業などキャリアチェンジを求めているのです。
35歳で定年というのは、
仕事ができなくなるから定年なのではなく、現場から離れ、中間管理職としての役割を担い、
職種転向という意味が正しいのではないでしょうか?

とはいえ、プログラミングなど技術職であるSEの仕事をしなくてもいい。と言われているようで、
SEという職業が35歳が定年と言われる所以でしょうか。


こういった会社の意向に、納得できないと不満を感じ、
まだまだ現役でプログラミングをしていきたい!と思う人は転職という選択をするのでしょう。


また、SEはIT土方とも言われ、体力も相当いる職業だといいます。
新しいプログラムの開発などに時は、寝る間も惜しんでの作業になるといい体力・気力のいる仕事です。
自分に限界を感じて新たな職種に転職していく人がいるのも実情です。


常にスキルアップしていかなければいけない環境・伸び悩む年収・中間管理職への職種転向・体力・気力の限界など様々なことが35歳定年説を作ったのでしょう。


実際、35歳以上の人も現役でバリバリ プログラミングしている人はたくさんいます。
自分自身でやれるかどうか、見極めることも重要にはなってきます。


とはいえ、最新言語やスキルも必要ですが経験もモノを言う業界でもあるのです!


関連記事

転職したい理由とは?

転職への不安

ITエンジニアの理想の職場とは?

IT業界デビュー!転職する際に必要な経験や資格

会社の求めている人材とは??


←前の記事ITエンジニアの理想の職場とは?





>>【ITエンジニア求人・転職ガイド】エンジニア求人の上手な探し方は? TOPへ戻る